• sogensha

フリーアドレスを導入しました

在宅勤務が進んだこともあり、本社ではフリーアドレスを導入することにしました。概要について紹介します。


フリーアドレスとは

フリーアドレスとは、オフィスで決まった座席がなく、自由に席を選べるオフィススタイルのことをいいます。


メリットの一つにオフィススペースの有効活用があります。たとえばオフィスで全員が仕事をしていることが少ない職場では、全員分の机・席を用意する必要がありません。

また、従来の固定席では、離れた席の人とはコミュニケーションがとりづらいこともありますが、フリーアドレスなら、その日の仕事内容に応じて異なる人と席を隣り合わせることも可能です。

毎日座る場所が変わるので、それが自然と気分転換になり、作業効率が上がったという企業も少なくありません。


フリーアドレス運用にあたってのルール

本社でフリーアドレス制を導入するにあたって、以下のルールを定めましたので、お知らせします。


ノートパソコンの支給


PCは持ち運びが原則となりますから、ノートタイプのものを一人ひとりに支給いたします。



所有物は個人用ロッカーへ

フリーアドレス用の机・座席は共有で、次の日には別の人が座るかもしれません。ノートパソコン、書類ほかの所有物は、必ず個人用ロッカーに収納して退社してください。鍵かけも忘れずに。


書類は電子化し、共有フォルダに保存


フリーアドレス環境下では、従来のように個人が大量の書類を保有できなくなります。作成した書類は電子化し、共有フォルダに保存することを原則とします。ペーバーレス化への移行を心掛けてください。



席を固定化しないために


毎日同じ人が同じ席を使ってしまえば、座席が固定化され、仕事内容に応じて働く場所を選ぶというフリーアドレスのメリットが得られません。上長はフリーアドレス制を有効活用できるように、意識的に毎日席を変えるような工夫をお願いします。




閲覧数:11回

最新記事

すべて表示