• sogensha

目的別に考えるWebレイアウト

Webサイトのレイアウトには傾向、流行がある。Web社内報でもそれを意識してつくらないと、読者にとって読みにくいページになってしまうこともあるから注意したい。



テキストを重視したレイアウト

ページ右側にコンテンツの主要部分を置く手法でyahooなどポータルサイトに多い。レイアウト全体を完全に区分けし、まず読んでもらいたいテキスト群を配置し、その内容についてはリンク先の個別ページとなる。



イメージを重視したレイアウト

そのときのトピック、あるいは企業理念、中心となるサービス等をイメージ画像としてサイト上方に置くレイアウト。その下方でメニュー、コンテンツ等の情報を整理する。




各コンテンツを目立たせ、記事への興味を喚起するレイアウト

トップページで掲載コンテンツをイメージとともに見せるレイアウト。それぞれの記事への興味を引くとともに、にぎやかなページデザインを構成できる。

センターに情報を集中させ、スマホ展開を意識したレイアウト

それぞれのコンテンツを一つずつ中央に配置するので縦長のレイアウト。スクロールで読んでもらうことが前提だが、スマホでの展開と相性がいい。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示