• sogensha

旅の空から

日本と世界のいろいろな表情が見たい。ということで、これまでの思い出の旅について紹介してもらいました。


夏の宮島 広島県/宮島 大阪支店 鈴木 誠司 安芸の宮島ですが訪れたのは夏。海に面する有名な鳥居ですが、この日は全く風が吹きませんで、広島の猛暑にすっかり参ってしまいました。それでも凪いだ夕方の海がとても美しかったのを覚えています。

雪のイルミネーション 北海道/札幌 営業2部 中田 祥子 北海道に行くならやはり冬でしょう。12月にはもう雪が降っていて、関東育ちの私にはそれだけでうれしかったです。歩き慣れない凍った道で何度も転びかけたのは内緒です。

金沢兼六園、晩秋の雪吊り 石川県/金沢 名古屋支店 大島 恭平 金沢兼六園はその静かなたたずまいが魅力の人気スポットですが、晩秋から春が訪れるまでしか見られないのが、この「雪吊り」。雪から枝を守るために行われますが、庭内500本の木の雪吊りは職人さんがすべて手作業で行ってるとのこと。




ガラスのアーケード イタリア/ミラノ 経理部 村上 宗徳 ここはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(舌をかみそう)というミラノにあるアーケードです。その美しさ、荘厳さに圧倒されますが、約150年前の建設というのにも驚かされます。




天空のキリスト ブラジル システム部 酒井 広 サッカー好きが高じて、とうとう地球の裏側まで行ってしまいました。飛行機の窓から見えたのが、リオデジャネイロ・コルコバードの丘に立つキリスト像。「ブラジルに来た!」と思った瞬間です。

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示